日々の仕事、My favorite、ビンテージな日々等
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
ハンドメイド セミルアー&ブログのアドレスかわります。
長い間こちらジュゲムでブログ書いてましたが、このたびブログ住所がかわります。
新しい住所はhttp://glasseye.co.jp/blog/です。
記念すべき初ブログは下記画像”ハンドメイドセミルアー”です。
引き続きよろしくお願いします
JUGEMテーマ:魚釣り

| 日々の仕事 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | グラスアイ店長 |
ハンドメイド ヤゴルアー
JUGEMテーマ:魚釣り


今回製作中のトンボのヤゴのルアー。
実は25年以上前のグラスアイ社創設当時に一度商品化されています。
画像下がその頃のもの。

今回製作中のものはかなり本物に近くリアルになってますが、作り方はほぼ変わっていません。

木から削りだした原型から型取り、樹脂を流して成型しています。


今回のものはバス用と管理釣り場のトラウト用の3サイズ。
共にシンキングで、足を折りたたんで泳いでいる様を表現したつもりです。

近日発売予定ですのでよろしくお願いします



グラスアイオンライン
| 日々の仕事 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | グラスアイ店長 |
パイソングリップ
JUGEMテーマ:魚釣り


全長3mのパイソン革、模様のすばらしいものが手に入りました。
ご存知のようにパイソンは天然の錦蛇。一頭一頭微妙に柄が違います。




いい柄の部分を吟味、カットしてガングリップに縫いこんでいきます。




今回はシルバーのハンドルに付けましたが、ガンメタやブラックにもベストマッチです。






グラスアイオンライン
| 日々の仕事 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | グラスアイ店長 |
サッパジグ、フィールドテスト

JUGEMテーマ:魚釣り

リップレスバルサミノーの”サッパミノー”と共に試作中の”サッパジグ”。
金型屋さんから上がってきた型に鉛を流して成型、
ウロコ模様も綺麗に出て、いい感じに仕上がった。
小回りがきくのがわが社のいいところとばかり早速翌日にはフィールドテスト。
風の塔周辺の15m付近を探っているとゴンといい当たり。
いい引きだったので当然シーバスと思いきや、上がってきたのは大アジでした。
本日は午前中に墓参り。お彼岸に殺生は禁物と思ったのですが、丸々太った美味しそうなアジだったので〆て持ち帰りました。


グラスアイオンライン
| 日々の仕事 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) | グラスアイ店長 |
桧原湖スモールマウス
JUGEMテーマ:魚釣り


桧原湖の大会ですが、当日の朝結構な雨が降り、前日のプラの状況が一変してしまいました。
桧原湖用に作っていった蜘蛛系ポッパー、前の日には複数バイトがあったりで期待できたのですが、冷たい雨の中スモールは表層には出てきませんでした。

その後、パートナーと相談で5m〜10mラインを狙うということになったので、トップを諦めてスピニングタックルに変更。
深場の釣りもトップウォーターと違った面白さがあるものですが、ナイロンの15ポンドからフロロの3.5ポンドの釣りに変わるとなると、なかなか対応できないものです。

それでもフィールドテスト中のロッドが深さ6m先のかすかな当たりをキャッチ、スモール特有の強烈な引きのあとキーパーサイズをキャッチしました。


グラスアイオンライン
| 日々の仕事 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | グラスアイ店長 |
スモールマウス用プラグ
JUGEMテーマ:魚釣り


数年ぶりにバスオブジャパンのトーナメントに参加予定です。

場所は福島県 桧原湖。私の大好きなフィールドです。

そこで対スモールマウス用に虫系のトップウォータープラグを急遽作りました。

蜘蛛をイメージしたポーパー?ダーター?。

テーブルターンも上手だし、ただ巻きでも泳ぎます。

スモールやトラウトにもよさそうなサイズ。

桧原の様子いかんでは、製品化するかもしれません。



グラスアイオンライン
| 日々の仕事 | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | グラスアイ店長 |
両極端なハンドル
JUGEMテーマ:魚釣り



本日、両極端なハンドルを作ったのでアップしてみました。


上はハワイアンコナ材の手彫りのグリップ付き。
希少な木材のハワイアンコナを削って成型後、樹脂を浸透させて強度をアップ、その後チークオイルで磨いてあります。
トラディショナルな重厚感があるハンドルです。



さて、下の対照的なハンドルは、見るからにポップな感じ!
イエローの高耐性塗装の本体にネオンピンクのラバーグリップ。
ヘッド部はネオングリーンのラバーヘッドとなっています。




本体部分は同じものなのに、素材と色が違うだけでまったく異なったものになってしまういい見本です。

今回のラバーハンドルはカタログにも載ってないものですが、お客さんのたっての希望で作りました。

今後も、あれとこれで、こんなものが作れないかとか、ご要望がありましたらなんなりとお申し付けください。




グラスアイオンライン
| 日々の仕事 | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) | グラスアイ店長 |
ワンオー(湾奥)サッパミノー
JUGEMテーマ:魚釣り


久々にホイル張り、バルサミノーの制作。

ミノーといってもかなりファットなシルエット、どちらかといえばシャッド系のサッパ、コノシロをイメージして作りました。


サッパとコノシロは斑点の位置が違うだけでほぼ同じ魚体、共に東京湾に群れているベイトフィッシュです。


この時期魚探に写る巨大な群れは、大抵、ボラかサッパ、コノシロです。


このサッパミノー、潮の流れなどに影響されにくいリップレスながら、かなりいい泳ぎに仕上がっています。
バルサなので強度にも配慮、エポキシでギンギンに固めています。


試釣においても好成績を収めています。


1/2オンス、全長7cm、スローシンカーとフローティングの2種類。カラーもサッパとコノシロの2種類となっております。





グラスアイオンライン

| 日々の仕事 | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) | グラスアイ店長 |
ルアー用ウェート制作
JUGEMテーマ:魚釣り


ルアーに埋め込むウェートが不足してきたので補充することにしました。
本当は市販のガン玉などを使えば簡単なのですが当社は自前のウェートを使用してます。
画像1の手前にあるのがその金型です。もちろん特注品。





メルターで鉛を溶かすこと30分ほど。鉛が湯状になったところで型に流し込みます。




型に流れた鉛は即固まるのですぐに型を開いてウェートを取り出します。


取り出したウェートには湯溜まりが付いているのでそれをペンチでカットして出来上がりです。
当社のウェートは一個1.58g。湯溜まりのカット具合で重さが変わってしまうので、最後まで気が抜けません。



グラスアイオンライン





| 日々の仕事 | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | グラスアイ店長 |
アムコ弁当箱


通称アムコ弁当箱と呼ばれる、UMCO P-8 Box.
P-9Boxより少し大きいサイズがひじょうに重宝なしろものです。
しかし、P-9に比べ現存数が圧倒的に少ないのが現状です。
おそらく生産数が少なかったのが原因と思われますが、残念なことです。
今回一個だけ余分がありますので販売しています。
http://glasseye.co.jp/item/umco_p8/


グラスアイオンライン
| My favorite | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | グラスアイ店長 |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE